前へ
次へ

かかりつけの病院をつくりましょう

大学病院に勤めていたときの話です。
ある日患者さんがいらっしゃいましたが、紹介状はお持ちではないとのこと。
大学病院等では、高度な医療を必要とする方を対象としています。
まず、かかりつけのお医者さんに行き、必要があれば紹介状を書いてもらって来院してもらうというのが流れです。
しかし患者さんからすると、最初から大きな病院に来れば安心という気持ちがあるため、直接来院する方も多いのが現状です。
たいしたことないよ、と医師に言われたら安心するでしょう。
ただ、ここでの治療が本当に必要な方を待たせてしまいます。
日頃から体調に気を配り、何かあったら相談できるかかりつけの病院をつくることが大切です。
自宅近くの病院であれば通院に時間をあまりとられませんし、少しのことでも気軽に受診できます。
いつも見てくれている医者であれば、異変に気づくことも早いかもしれません。
あらゆる方が本当に必要な医療を受けやすくなるために、かかりつけの病院を見付けましょう。

Page Top